ABOUT L'ORÉAL PARIS

ロレアル パリ 世界最大規模のビューティー ブランド

ヘアケア・ヘアカラーだけにとどまらず、女性の美を包括的にサポートする『トータル ビューティー ブランド』として、スキンケア、メイクアップ、ボディケア、ヘアカラー、ヘアケア、そしてスタイリング製品と、同一ブランドで女性の全身美の追求に貢献しうるブランドを目指しています。

また、ロレアル パリ ヘアは、フランスと日本の研究所において、日本人女性の繊細な髪の悩みに対応した研究開発を行っており、コスメティックスは、パリの上質なセンスを最大に活かしながらも、皮膚科学の専門技術を取り入れ、繊細な肌を持つ日本人女性のために開発・製造を行っています。

PHILOSOPHY OF L'ORÉAL PARIS ロレアル パリの理念

ロレアル パリの製品は、すべて、この理念のもと、ひたむきな研究から生まれます。
年齢にとらわれず、いつも前向きに、自分らしい人生を。
私たちは、美しく生きるあなたを、応援します。

BEAUTY HERITAGE ロレアル パリ 100年の歴史

LABORATORY

研究開発はロレアル パリにとって経営戦略の核の1つといえるものです。
化学者によって設立されたロレアルの設立当初の企業コンセプトは、「研究開発と美しさのための革新」。
そして今日なお、その姿勢に変わりはありません。

世界19ヶ所にあるロレアルの研究施設には3,600名を超える科学者とスタッフがいます。
科学分野の学会誌にもよく特集され、研究成果は年間500におよぶ特許取得件数にも表れています。
ロレアル パリの製品はこのような先進技術の賜物なのです。
戦略の核とみなされているこの日本にも2つの研究所があります。

日本ロレアル研究開発センター

基礎化粧品、メークアップそしてヘアケア製品、どれもが、それを使う人の国や習慣によって色々に異なります。
ましてやそこに、気候やトレンド、そしてその国ならではの問題なども加わってきてニーズはさらに多様となります。
日本ロレアル研究開発センターでは、日本の皆様のための様々な製品をこの日本で開発しています。

例えば、日本の洗顔は、洗顔フォームを泡立て水で洗い流しますが、欧米ではクレンジングミルクをコットンにとりふき取ります。ヘアケア製品の例を挙げると、日本市場におけるカラーリング製品は全て日本人の黒髪をベースとして開発されますが、欧米では異なった様々な髪の色が元になっています。
そして、昨今のカラーリングのブームでその黒髪を染めた日本人の髪に更に別の色を重ねるというのも新たな分野です。

日本ロレアル研究開発センターでは、この様な日本市場のニーズ、消費者の嗜好に合わせて、フランスや北米の研究所と協力しながら処方を設計しています。
また、日本人のモニターによる使用感のテストも行い、安心してお使い頂ける製品を市場に送り出しているのです。