エクストラオーディナリー オイル セラム発売記念
自分史上最高の自撮り体験 メルマガ会員様先行イベント開催!

/

日本でいちばん売れているオイルトリートメントシリーズ『ロレアル パリ エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル』シリーズから、今までにない濃厚なテクスチャーの『オイル セラム』が新登場。9月20日、21日に開催されたイベントで、一足先に皆様に体験していただきました!

美容感度の高い女性が会場に続々集結。初めてのセルフィーも体験いただきました♪

今回のイベントには、最大のお楽しみが。それは、新製品、エクストラオーディナリー オイル セラムの“潤うのにベタつかず軽い仕上がり”を実感していただくための、風が吹く『セルフィー(自撮り)』ブース体験!10月4日、5日に銀座ソニービル前広場にて行われたイベントに先駆けて体験していただきました。
海外では自撮りのことを『セルフィー』と呼び、お気に入りのセルフィー写真を友人同士で共有し合うことが大ブームになっています。有名女優やアーティストも日常的にSNSでセルフィーを公開しており、日本でも若い女性を中心にブームの到来が叫ばれています。

たった一滴でしっとりなのに軽い仕上がり!
『ロレアル パリ エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル セラム』のすごさを実感

いよいよ、イベントがスタート。まずは、ロレアル パリ教育部の瓜生から、新製品の特徴と使い方のポイントをレクチャーします。

「すでにヘアオイルを使っている人はいますか?」という瓜生からの質問に、約1/3の方が「使っている」と回答。使用している方にその使用感を尋ねると、「髪がベタついたり、重たくなることある」という声も…。
たしかに、ヘアオイルってすぐにしっとりしてまとまりがよくなる反面、ベタつきが気になることがありますよね。ヘアオイル自体の人気は高いのですが、「オイルはベタつく」というデメリットを感じている方が多数いらっしゃいました。

そんな悩みを解消したのが、この『ロレアル パリ エルセーヴ エクストラオーディナリーオイル セラム』です。

この製品には、6種の希少なフラワーオイルが配合され、潤いあふれる髪に導いてくれます。最大の特徴は、ロレアル パリ独自の技術で、ベタつきのない質感に仕上げている点です。

実際に手の甲で比較実験!

実際に使用した皆様からは、「吸い込まれてなじんでいく感じ」「軽くてベタつかない」「香りがいい」という感想が挙がりました。

併せて、ヘアオイルの「つけ方」も大切なポイントです。

ロングヘアとショートヘア、2人のモデルの方でつけ方をレクチャー。

まずは2プッシュを手のひらに出して、手をこすり合わせてよくなじませます。
この時、手の温度でオイルが柔らかくのびていくのが分かります。指の間までしっかりなじませるのがポイントです。

ざっくりと髪を半分に分け、髪の表面と内側、交互によくなじませます。髪の指通りが良くなったらOK!もう半分の髪も同じように2プッシュのヘアオイルをなじませます。

最後に、ブラシを軽くとおすと髪全体がしっとりして、表面の浮き毛がなくなります。
ロングヘアのモデルの方も、「指通りが滑らかになって、パサつきがちな、毛先がすんなりとまとまりました!」と良さを実感。

続いて、ショートヘアです。

3プッシュのヘアオイルを手のひらになじませ、手ぐしで髪をオールバックにするようになじませていきます。髪の表面と内側、両方まんべんなく行き渡らせ指通りが良くなったらブラシで仕上げます。

ショートヘアのモデルの方からは、「くせ毛で広がりが気になっていましたが、抑えられたので感動です!」と喜びの声が。

トライされた他の方々からも「髪がツルンツルンになった」「触っていて気持ちいい」「なじみやすい」など、絶賛の嵐でした!

ヘアオイルに抵抗のあった米山さんは…、
「時間が経ってもベタつかず、髪の1本1本にツヤとハリが出ました。ショートヘアなのでオイルだと重くなりすぎると思っていましたが、これを使ってオイルのイメージが変わりました。」(米山さん)

使ってすぐに違いを実感できるのは嬉しいですね。
ぜひ皆様も『ロレアル パリ エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル セラム』を使って、良さを実感してくださいね。

誰にでもできる!『セルフィーの4大法則』に、初心者から上級者まで興味深々!

次に、ロレアル パリ教育部の吉野から、セルフィー(自撮り)と、そのメイクテクニックをご紹介。

上手に自撮りするためには4つの法則があるとのこと。

実際に吉野自身の自撮り写真で比較したところ、『4大法則』にのっとった写真と、そうでない写真では、まるで別人! 会場からは大きなどよめきが起こりました。

その『4大法則』の詳細がコチラ。
1 照明
照明によって肌の写り方に違いがあります。“蛍光灯”は毛穴が目立ち、くすんで見え、“白熱灯”は柔らかい雰囲気に。“自然光”は肌がキレイに見えます。室内で撮る際は、できるだけ自然の光が入る場所で撮りましょう。

2 カメラ
スマホで自撮りする場合は、人差し指と薬指でスマホの側面を持ち、中指で後ろを支えてから、親指でシャッターボタンを押すとブレません。
撮影する際は、上から撮ると目が大きく見え、可愛らしいイメージになります。あごがシャープになって小顔効果も。逆に、下から撮ると大人っぽい印象に。

3 ポージング
小物を顔の隠したい部分に持ってくるのもアリ。この時、小物をやや前にしてあごをやや引くと、さらに小顔効果がアップします。

4 メイク
上から撮る場合は、額や小鼻のテカりが目立つので、パウダリーファンデーションでおさえましょう。下から撮る場合は、目元のアラが目立ちやすいので、アイラインとマスカラで目元をキレイに仕上げましょう。

そして、とにかく可愛くしたい時はチークがポイントです。
室内で写真を撮るとどうしてもメイクが濃く見えるので、チークは淡く広くのせましょう。笑った時にできる頬の高い位置の、さらに上にチークをのせるとキュート感が強まります。個性を強調したい場合は目尻の先まで広げましょう。

テクニック紹介の後は、実際にセルフィー体験。皆様、スマホを持ってそれぞれのセルフィーを楽しんでいらっしゃいました。

会場に設置された専用スタジオにも長蛇の列が!プロのライティングと風を感じてのセルフィーは新鮮で、貴重な体験ですね。

「セルフィーの法則をもっと早く知りたかった!これからセルフィーにチャレンジしたいです。」(瀬川さん)。

「風に吹かれるのって髪が乱れそうで抵抗があったのですが、実際吹かれてみてビックリしました。このオイルをつけたおかげで風に吹かれるとサラサラなびくのに、風が止まった時、髪型はまったく崩れていないんです。ガチガチに固めなくてもまとまってくれるのは嬉しいです。風になびいた時、ふんわりといい香りが漂うのも魅力ですね。」(吉野さん)

ご来場してくださった皆様には、セミナーやセルフィー体験を通して、新たな発見をしていただけたようです。
セミナーがスタートした時は緊張気味だったお顔も、終わる頃には明るくイキイキと輝いていました!!

Twitterイベント公式ハッシュタグ
「#ロレアルパリセルフィー」

イベント公式セルフィーギャラリー
http://www.lorealparisjapan.jp/event/oil/gallery/