ネイルはセルフの時代!プロが教える、平日から休日までの1週間ネイルアレンジ

/

いま、セルフネイルの人気が再燃中!
その理由は大きく2つ。爪に負担をかけずにカラーチェンジできる手軽さと、まるでジェルネイル並みの鮮やかな発色とツヤが叶うネイルカラーの登場によるものです。そこで、今年のネイルのトレンドについて、ロレアル パリの柳川奈美氏に聞きました。
オフィスで働いていると平日は派手なネイルはできない・・・。でも、仕事から解放される金曜の夜は華やかに、そして週末はいつもとは違うネイルを楽しみたい!そんなニーズに応えるデザインアレンジについてもお届けします。

―セルフネイルの良いところを教えてください。

柳川 なんといってもファッションや気分に合わせて簡単にチェンジできるところですね。そしてジェルネイル並みのツヤと発色、驚く程の速乾性を持ったネイルカラーの登場で、セルフネイルがより手軽になっているんですよ。

cat_makeup_20140731_17

―自分で気軽に塗り替えられるのはお財布にもやさしくて、とても助かりますよね。では、今夏のネイルカラーのトレンドを教えていただけますか?

柳川 夏のバカンスシーズン、例えば海やバーベキューなどアクティブなレジャーにお出かけなら、強い日差しに負けない鮮やかなホットピンクのようなビビッドカラーが、肌を明るくキレイに見せてくれます。一方、ゆったりとしたリゾートへのお出かけならベージュ系のヌーディカラーがおすすめです。このように、シチュエーションに合わせて、簡単にチェンジできるところはセルフネイルならではの特権ですね。

cat_makeup_20140731_18

―オフィスで、トレンドを取り入れるならどんなネイルカラーがおすすめですか?

柳川 肌から浮かないベージュ系や淡いピンクは定番の人気ですが、同僚とちょっぴり差をつけるなら、スモーキーなパステルカラーはいかがでしょうか。パステルカラーに少しグレーを含んだ色は、今年の流行カラーです。グレイッシュなパープル、ピンクなどかわいさと大人っぽさが同居した色で、指先から流行を取り入れてみてはいかがでしょうか

―「オフィス→金曜の夜のプライベート」等、時間と場所に合わせてネイルをアレンジするには、どのようなデザインが良いでしょうか。

柳川 一般的にネイルカラーは先端からはがれてきてしまいます。そんな爪先のはがれが気になり始めた週末は、完全に塗り替えるのではなく、爪先に別の色を重ね塗りすることでフレンチネイルにチェンジしたり、爪の斜め半分を重ね塗りする斜めフレンチへのチェンジがおすすめです。手間をかけずにはがれを隠しながら、重ねる色によって、週末ならではの華やかさを出すことも可能です。

cat_makeup_20140731_03

―はがれを隠せておしゃれにもなって一石二鳥ですね! では、金曜夜のとっておきのお出掛けのときにモテ度がアップしそうなネイルコーディネートはありますか?

柳川 実は爪先にダークな色を塗ると指を長く、細く見せる効果があるんですよ。目線が指先に集まるからです。デザインで言えば、爪の斜め半分だけの色を変える“斜めフレンチ”に同じような効果が期待できます。

―休日のおしゃれ用ネイルには、どのような色を選ぶのがベストでしょうか。

柳川 鮮やかなカラーを選んでみるのはいかがでしょうか。また、全ての指に同じ色を塗るのではなく、お気に入りの2色を交互に塗ってみたり、1本の指だけゴールドを塗ってより華やかなアクセントをつけてみるのも、休日ならではのおしゃれですよね。気軽に冒険できるネイルカラーで、是非、色を楽しんでみてください!

cat_makeup_20140731_04

―休日のお出かけにぴったりのネイルデザインも教えてください!

柳川 それでは、平日ネイルから、デート、女子会など、休日にぴったりのデザインにアレンジする方法をご紹介しますね。ネイルカラーはロレアル パリの新製品、カラーリッシュ ル ヴェルニを使っています。

◆ネイルアレンジ・その1

まず、平日は一番上のベージュの単色塗りにします。爪先がはがれてきてしまった指は、2段目のように斜めフレンチにしてカバーしましょう。または別の色を重ね塗りしてしまうのもおすすめです。斜めフレンチにした指は、斜めラインを交差させるように塗りたすことで、3段目のようなチェック柄が簡単に作れます。斜めラインに使用する色によって、かわいらしくも、大人っぽくも仕上げられますよ。

<使用したネイルカラー>

cat_makeup_20140731_06

◆ネイルアレンジ・その2

こちらも上段は平日のベージュネイルで、下は休日用にアレンジしたボーダーネイル。定番のボーダー柄も、落ち着いた赤と緑を選ぶことで、大人っぽい指先を演出してくれます。ボーダーを描くときのコツは、まずラインを引くこと。平筆のブラシを、横に使用すると上手くラインが引けますよ。それからラインの内側を塗りつぶすようにすると失敗がありません。ところどころにゴールドのカラーをポンポンと置いて、ネイルアート用のストーンを購入しなくてもラインストーン風アートができます。

<使ったネイルカラー>

cat_makeup_20140731_08

◆ネイルアレンジ・その3

一番上が平日、2段目が金曜夜、下段が週末に試したいアレンジです。2段目のように、人差し指をゴールド、小指をビビッドなピンクなど、指によってところどころカラーを変えると気分が華やぎますよね。ベージュの上にラインストーン風に置いたゴールドもアクセントになっています。いちばん下の週末アレンジは、ビビッドなピンクで四角を描いて、幾何学模様のようにしました。こちらも、ラインを引いてから内側を塗りつぶすようにすれば簡単ですよ。

<使用したネイルカラー>

cat_makeup_20140731_10

◆ネイルアレンジ・その4

こちらのピンクの平日ネイルのアレンジパターンを2つご紹介します。まずは、爪先がはがれてしまった指だけを斜めフレンチにアレンジ。

根元から対角線にラインを描いてから、ラインの内側をすべて塗るときれいに仕上がります。上のように、1本は重ね塗りして、色を変えるのもアクセントとなりおすすめです。

<使用したネイルカラー>

cat_makeup_20140731_13

次に、こちらのデザイン。

親指、中指、小指の3本をクラッシュネイルのように仕上げました。こちら、難しく見えますが、実はとても簡単な方法でできるんです。平日に塗っていた薄いカラーの上から、同系色のダークな色を塗り、乾く前に丸めたラップでポンポンと叩くだけ。ぜひチャレンジしてみてください。

<使用したネイルカラー>

cat_makeup_20140731_15

まとめ

平日カラーを完全に塗り替えるのでなく、ちょっとアレンジを加えるだけで、また新しい気分でネイルが楽しめます。最近のネイルカラーは、乾きが速いので、ネイルアレンジも短時間で手軽にできるのがうれしいところ! ぜひ、何種類かカラーを揃え、デザインに挑戦して、セルフネイルを楽しんでみてください。

Interview/GBBライター
Photo/戸田綾