春の乾燥注意報!早めの紫外線対策で美肌をキープして

春先は肌が乾燥しやすくなり、肌のバリア機能も衰えてしまいがち。とくに恐いのが、春先から強くなる紫外線によるダメージです。毎年同じように紫外線を浴び続ければ、肌の老化は知らず知らずのうちに進む一方。そして気がついたときには、乾燥して、シミだらけの老け顔に!

そんな事態を防ぐために、春からの紫外線対策を考えてみましょう。

紫外線ケアを怠ると肌にはどんな衝撃が?

紫外線は目に見えないので、つい無防備になって対策を怠りがちです。でも、肌を老化させる原因のほとんどは紫外線によるダメージにあると言われています。

まず、紫外線は、肌の正常なターンオーバーのリズムを乱す原因になります。紫外線を受けるとターンオーバーが早くなり角層が厚くなるので、未熟な角層を作りだします。そのため、肌のバリア機能が弱くなったり、肌のうるおいを保つことができなくなり、肌の内側から乾燥が進んでしまうのです。すると肌はトラブルを招きやすくなり、ハリが失われて毛穴がたるみ、老けた印象になってしまいます。

その紫外線も、冬の間は勢いをひそめていても、春先になるとぐんと強さを増すのが怖いところ。見えない紫外線から肌が受ける衝撃は想像以上に強いので、春先からの対策こそが、美肌をキープするためのカギに!

春から始めても遅いくらいのUVケア

紫外線の威力が急激に増すのが4月から8月で、一年のなかでもとくに紫外線の量が多くなる時期。さらに、冬の間は肌のメラニンが少なくなっているため、春先の紫外線はいっそう刺激が強いものになります。

ただ実際には、エイジングの大敵となる「UVA」は冬でも夏の半分の量が地上に降り注いでいるといい、冬の間とて対策が必要です。そのため、紫外線対策は春から始めても遅いくらいというのが実情。一年中UVケアを怠らないことこそが、肌を老化から守るための賢い方法と言えるかもしれませんね。

春先からは「UVA」と「UVB」のダブルダメージが

紫外線には「UVA」と「UVB」の2種類があり、「UVA」は曇りの日でも一年中、皮膚の深いところまでダメージを与えます。これは肌のハリやたるみ、シワの原因になるので一年中警戒が必要に。一方の「UVB」は、雲や窓ガラスで遮断され、冬の間は威力をひそめるものの、春から夏にかけて一気に照射が多くなるという特徴があります。しかも、シミやそばかすの原因になるものです。 このように春先は、「UVA」と「UVB」によるダメージが一気に押し寄せる時期なので、十分な紫外線対策を始める必要があります。

4月からのUVケアのポイント

4月からUVケアを始めるなら、日焼け止めクリームを選ぶポイントをおさえておきましょう。まず、一年中対策が必要な「UVA」には、「PA」(Protection Grade of UVA)値を確認します。これには、「PA+」から「PA++++」という表示があり、4段階で表される「+」が多いほど、「UVA」の防止効果が高くなります。

一方、UVB対策には「SPF」(Sun Protection Factor)の値を確認する必要があり、この数値は50までが上限として設定されています。数値が高いほど紫外線を強力にブロックする、と思われがちですが、実は、紫外線を浴びてから肌に影響が出るまでの時間を表しています。日焼け止めは汗などで流れてしまうため、たとえSPFの数値が高くても油断は禁物。これから汗をかきやすくなる季節には、こまめにぬりなおすことが重要なポイントになります。

肌を美しくするために、美容液やフェイスマスクなどでスキンケアを行うことはもちろん大切です。でも同時に、紫外線のダメージをもとからブロックしなければ、これらの努力も水の泡に。特に紫外線が強くなる春先からは、スキンケアと共にしっかりとUVケアを続けて、美肌をキープしましょう。