寝ている間にキレイになる!?ウワサの睡眠美容とは・・

夏もいよいよ本番。紫外線とボディラインが気になる季節です。そんなあなたにとっておきの方法をご紹介します。
しかも、寝ている間にキレイになれる・・・!?信じられないようなこの美容法。今回は、話題の「睡眠美容」についてご紹介します。

寝不足は太る原因のひとつ!睡眠時間とカロリーの意外な関係

「睡眠不足はカロリーを増加させる」という事実をご存知ですか?寝ているよりも起きて動いているほうがカロリーは消費されそうなイメージがありますが、それは大きな間違い。
人間の体は、睡眠不足になると食欲をコントロールするホルモンの分泌が乱れ、摂取カロリーが増加し、消費カロリーが減少するという傾向にあるそうです。

寝ている間にもカロリーは消化されています

では、具体的な数値で表してみましょう。30代女性、体重55kgの女性が7時間の睡眠を取ったとします。その消費カロリーはなんと約390kcal!寝ている間に約ハンバーガー1個分ものカロリーが消費できるなんて、こんな嬉しいことはありませんよね。
とはいえ、ただ寝ていれば痩せるといわけではありません。睡眠ダイエットを成功させるには、就寝前にやるべきコツがいくつかあります。

就寝3時前までに食事を済ませておく

食事を摂れば、体は消化しようとエネルギーを燃やします。もし、寝る時間にまだ消化中だったらどうなるでしょう?本来、睡眠時間に消費されるカロリーが後回しになり、寝ている間に脂肪を吸収することになってしまいます。

つまり、就寝時間には食べ物の消化が終わっている状態がベスト。寝る3時間前までには食事を済ませおくよう心がけたいですね。

基本は「腹8分目」の野菜中心の夕食を

就寝3時間前になるまでは何を食べても良い!なんてことはもちろんありません。脂肪分の多いお肉や油っこいものは消化に時間がかかります。
また、量としては昔からよくいわれる「腹8分目」が理想です。野菜中心の食事で、「おなかいっぱいの一歩手前」を意識するようにしましょう。

午前0時にはベッドに入ろう

睡眠中の消費カロリーを促しているのは「成長ホルモン」です。別名「痩せホルモン」といわれるこの成分は、脂肪を分解させる働きがあります。22時~翌3時の数時間に分泌量が増えるとされ、この時間帯にぐっすり眠ることができれば効率よくカロリーを消費できます。朝7時に起きることを考えれば、午前0時にはベッドに入っていたいですね。

ベストな睡眠時間は7~8時間

睡眠不足が太る原因になる理由は、「レプチン」と「グレリン」というホルモンのバランスが崩れることにあります。レプチンは食欲を抑えて、グレリンは食欲を増進する働きがあります。睡眠時間が短いと、満腹ホルモンのレプチンが減り、空腹ホルモンのグレリンが増えてしまいます。この分泌量のバランスを整えるには平均7~8時間の睡眠時間が必要です。

快眠への環境を整えよう

睡眠ダイエットは、眠りの「質」も大きな要因となります。自然に入眠ができるよう照明は落とし、静かな環境を整えましょう。また、就寝前に体温を上げておくのもおすすめ。冷え性の人は夏でも手袋や靴下をはいたり、湯船につかったり、手の平や足裏のマッサージも効果的です。
寝る直前までスマートフォンやタブレットを操作している方いるかもしれませんが、これもホルモン分泌に影響があるんです!就寝前にバックライトの液晶画面を見続けていると、睡眠や体内時計を司る「メラトニン」というホルモンの分泌が大幅に抑えられてしまうそうです。本来眠る時間帯にメラトニンが不足すると寝つきが悪くなり、そして翌朝の寝起きが悪くなる、という悪循環を招きます。

ダイエットだけじゃない! 睡眠時間を活かす「寝ながらスキンケア」

このように、就寝前のちょっとしたコツで太りにくい体へと導く睡眠ダイエット。さらに、ご存知の通り睡眠はお肌にも大きく関係しています。脂肪を分解する働きを持つ成長ホルモンは、同時に古くなった細胞を修復させたり、新陳代謝を活発にさせたりする機能が備わっています。お肌のゴールデンタイムとされる時間帯と、睡眠ダイエットの時間帯が同じなのはそのためです。

寝ている7〜8時間を、「寝ながらスキンケア」の時間として活かしましょう。まずは、寝る前に準備を整えます。パックなどの肌のスペシャルケアは、紫外線の強い夏は毎日行うのが理想的。少し大きめのコットンやシートマスクに、手持ちの化粧水をたっぷりとしみ込ませて、“お手製ローションパック”を作って睡眠前のお肌をケアしましょう。
ここでワンステップ!冷蔵庫で冷やしておいたスプーンを、パックの上からそっと当ててみましょう。目の下や頬、小鼻など、キュッと引き締めたい部分を中心に行います。ただし、マスクは長時間貼っているとかえって肌の水分を奪って乾燥させてしまうので、注意が必要です。

お手入れの最後に、クリームで肌にフタをして水分を逃さないようにしましょう。クリームは、一度手の平に包んで温めると伸びがよくなり、肌にムラなく塗ることができます。こうして肌を整えたら、夜更かしせずにベッドへ。お肌のゴールデンタイムを無駄にすることなく使いましょう!

いかがでしたか?「寝ている間にキレイになれるなら苦労はしない!」と、半信半疑に思われがちな睡眠美容。ご紹介したコツの内容を知れば、理にかなった美容法ということがおわかりいただけるでしょう。質の良い睡眠で、スリムボディも美肌も手に入れて、トータルな美しさを目指したいですね。

Text/GBBライター