BEAUTY ADVICE FOR HAIR COLOR

ヘアカラーQ&A

ヘアカラーの種類も様々。
似合う色の選び方から自宅でヘアカラーをするときの注意点まで、安全に正しくお使い
いただくために、セルフカラーリングの正しい知識を身につけましょう。

ヘアカラーQ&Aの一覧を見る

Q

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)の手順について

A

染毛の2日前(48時間前)には次の手順に従って毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行ってください。
パッチテストは、染毛剤にかぶれる体質であるかどうかを調べるテストです。
過去に何回も異常なく染毛していた方でも、体質の変化によりかぶれるようになる場合もありますので、毎回必ず行ってください。
※今までにヘアカラーでかぶれたことのある方は、製品は使わず絶対にパッチテストもしないでください。
※皮膚アレルギー試験(パッチテスト)の手順については日本ヘアカラー工業会のWEBサイトでもご確認いただけます。

  • 1
  • 皮膚アレルギー試験に必用なものを揃えます
  1. 箱の中に用意されているもの/ご自分でご用意していただくもの
  • 2
  • テスト液を作ります

    <液状タイプの場合>

  1. 1

    1剤のキャップをはずし、キャップの頭部の反対側にある突起を使って1剤のチューブの口にさしこみ、穴をあけ小指の先ほどの量を小皿にとり出します。

  2. 2

    2剤のキャップをあけ、ストローの先端を液の中に入れて人差し指で上端を押さえ、2〜4滴(1剤の1.5倍の量)を小皿に出します。

  3. 3

    1剤と2剤をよく混ぜ合わせて、ごく少量のテスト液をつくります。
    ※このとき、1剤と2剤の全部の液を混合しないでください。
 

    <クリームタイプの場合>

  1. 1

    1剤のキャップをはずし、キャップの頭部の反対側にある突起を使って1剤のチューブの口にさしこみ、穴をあけ小指の先ほどの量を小皿にとり出します。

  2. 2

    2剤のキャップをはずし、1剤と同量を小皿に取り出します。

  3. 3

    綿棒で混ぜ合わせ、少量のテスト用混合クリームをつくります。
    ※このとき、全量を混合しないでください。
  • 3
  • テスト液を塗ります

テスト液を腕の内側に10円硬貨大に薄く塗り、自然乾燥させます。

※テスト液は綿棒につけて腕の内側に薄く塗ってください。
※乾燥するまで、服につかないようにご注意ください。30分しても乾かない場合は、ティッシュペーパーなどで軽くふき取ってください。 そのまま触れずに48時間放置します(時間を必ず守ってください)。

3
  • 4
  • テスト部位を観察します

テスト部位の観察はテスト液塗布後30分位および48時間後の2回は必ずおこなってください。塗布部に発疹、発赤、かゆみ、水泡、刺激などの皮膚の異常を感じた場合には、手などでこすらないで、すぐに洗い落とし、染毛はしないでください。48時間以前であっても、同様の皮膚の異常を感じた場合には、直ちにテストを中止し、テスト液を洗い落とし染毛はしないでください。 48時間後、異常がなければ染毛してください。

ALL QUESTIONS ヘアカラーQ&A一覧