失敗しない白髪染めのコツ

ご自宅でヘアカラーをご使用されるお客様が、より効果を実感いただけるために、白髪染めの正しいヘアカラー方法をご紹介いたします。

今回使用した製品
エクセランス
エクセランス

染める前・中・後の3(トリプル)ケア(補修・保護成分配合)で、ワンランク上の白髪染め。よりしなやかで健康な髪色へ。
サロンで染めたような仕上がり。

エクセランスをもっと詳しく

1 染める前の準備
染める前の準備

染める前の準備をします。汚れてもさしつかえのないものに着替え、ケープ等で衣類や肌が汚れないよう保護し、付属の 手袋をはめてください。
髪をよくとかして、クシ通りをよくしておきます。

2 1剤と2剤を混ぜ、混合液を作る
<クリーム> <液状>

1剤と2剤が完全に混ざるまでしっかり混ぜてください。
温度は高い程よく染まります。室内温度20~25℃が適温です。お風呂場での使用は避けてください。

3 塗布

手順1

乾いた髪に白髪の目立つ前半分(分け目、生え際、前髪)から先に混合液を塗布していきます。
さらに髪の中間~毛先の順で混合液を補いながら塗布していきます。毛先まで塗布したら次の部分の髪を分けとり(分けとる幅は2cm位を目安に)、同様に染めてゆきます。

  • <エクセランス 液状タイプ>
  • <エクセランス クリームタイプ>
塗布

手順2

後半分に塗布していきます。
えりあしの根元からつけ始め、毛先までのばします。次の部分の髪を分けとり、同様に染めてゆきます。

量をつけるほど染まりますので、フェイスライン、えりあし、生え際にはたっぷりと混合液を塗るときれいに仕上がります。

4 放置
放置

細くてやわらかい髪の方は、染まりやすいので放置時間を25~30分を目安にしてください。
太くて硬い髪の方は、染まりにくいので放置時間を30~40分を目安にしてください。

5 カラー剤を洗い流す
カラー剤を洗い流す

水またはぬるま湯で濡らした指先で、生え際やこめかみ部分をもみ込むようにし、混合液が溜まっている部分を取り除きます。

カラー剤を洗い流す

髪全体に少しずつぬるま湯をかけ、よく泡立つまで入念に洗い、混合液を乳化させます。

カラー剤を洗い流す

ヘアカラーの色が出なくなるまでよくすすぎ、軽く水気をきってください。その後、やさしくシャンプーをして洗い流してください。

6 アフターカラートリートメント
アフターカラートリートメント

付属のアフターカラートリートメントを適量手にとり、髪の中間から毛先にかけてまんべんなく馴染ませます。
(セミロングの方で、約4回分)

その後、2分放置し、ぬるま湯ですすいでください。

FINISH 完成

カラーリングの完成です。
カラーリング後、週1回程度アフターカラートリートメントをご使用になることをおすすめします。

FINISH 完成

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)
について
※今までにヘアカラーでかぶれたことのある方は、製品は使わず絶対にパッチテストもしないでください。
※ご使用の前には使用説明書に従い、毎回必ず染毛の48時間前に皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしてください。