内面から醸し出すナチュラルな美貌でファッション界には必須の存在に

ドウツェン・クロースは18歳の時にオランダでモデルとしてめざましいキャリアをスタートした。
パリ滞在中、初めて Numero 誌の表紙モデルを務める。イタリア版、ドイツ版、日本版 Vogueの表紙を飾った他、アメリカ版Vogueでは“次世代のトップモデル達”として、数人のモデルと共に表紙に登場している。
ドウツェンの内面の美しさはナチュラルな美しい顔から輝き出ている。並はずれた美しさと卓越したプロ意識を持つドウツェンはわずか数カ月でファッション界になくてはならない存在となり、スーパーモデルの地位にまで上り詰めた。

ドウツェン・クロース

彼女は今最も売れている期待のスーパーモデルである

2005年には Vogue.comサイトの読者投票でモデル・オブ・ ザ・イヤーに選ばれた。
ロレアル パリの社長はこう語った。「持って生まれた品性とスタイルがにじみ出るドウツェン。今最も売れているスーパーモデルであるからこそ得られるオリジナリティとファッション感覚です。その美しさと個性には驚かされます。彼女はロレアル ブランドの洗練性、官能性、先端性をパーフェクトに体現してくれるでしょう。」

世界中で数多くの一流デザイナーのモデルを務める一方、一児をもうけた母はモデル以外への活動にも盛んに参加していく

ジャン・ポール・ゴルチエ、アレキサンダー・マックイーン、ヴィクター&ロルフ、パコ・ラバンヌ、クリスチャン・ディオール、ラガーフェルド・ ギャラリー、ジバンシー、ルイ・ヴィトン、ステラ・マッカートニー、ヴァレンチノ、YSL、ドナ・カラン、ラルフ・ローレン、マイケル・コース、ミッソーニ、フェンディ、アルバータ・フェレッティ、ブルマリンなど、主要なデザイナーのモデルを務めてきた。
有名ファッション誌の表紙を飾り、スティーブン・マイゼル、パトリック・デマルシェリエ、マリオ・テスティノといった最も才能あるアーティストの被写体となる一方、ファッションショーでも一流ファッション・ブランドを代表している。2011年に一児をもうけ、自身初となる 長編映画『ノヴァ ゼンブラ』への出演を果たした。ロレアル パリの他、ヴィクトリアズ・シークレットと契約をした。
去る 2012年4月にはフランス版Vogueの表紙を飾っている。
ドウツェンは人道問題と環境問題に真摯に取り組んでおり、WWFなどの団体を惜しみなく支援している。