ちゃんと知ってる? あなたに合ったシャンプーの選び方&正しい使い方

最近では「ノンシリコン」や「オーガニック」をうたった商品が増えていますが、どれがどのように良いのか、正直なかなか分かりづらいのではないでしょうか。そこで今回は、シャンプーの種類やそれぞれの特徴、シャンプーの効果的な使い方などを解説します。

シャンプーの種類は大きく分けて3種類

シャンプーには大きく分けて高級アルコール系シャンプー、石鹸系シャンプー、アミノ酸系シャンプーの3種類があります。それぞれの特徴を解説します。

まず、シャンプーの種類は含まれている洗浄成分(界面活性剤の種類)で見分けます。ネットで調べたりするといろいろな情報がありますが、シャンプーの成分は商品パッケージや商品の公式サイトに記載がありますので、購入前に自分の目でチェックすることをおすすめします。

現在、一般に発売される商品の多くは高級アルコール系シャンプーに属します。泡立ちが良いのが特徴で「ラウリル・ラウレス・◯◯硫酸」と表記される成分が配合されています。

洗浄力・脱脂力・殺菌効果がとても強いため、シャンプー後にすっきりした爽快感があります。しかし、人によっては洗浄力が強すぎて頭皮の乾燥やかゆみを引き起こすことがありますので、頭皮の状態と相談しながら使うのがおすすめです。

石鹸系シャンプーは名前のとおり石鹸でできたシャンプーのことです。「脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウム・石けん素地」と表記されていたら石鹸系シャンプーです。

高級アルコール系シャンプーやアミノ酸系シャンプーが中性〜弱酸性なのに対して、石鹸系シャンプーは弱アルカリ性なのが特徴です。高い洗浄力も特徴ですのでヘアスタイル剤などをよく使う人、頭皮のベタつきが気になる人におすすめですが、こちらも頭皮の状態と相談しながら使うようにしましょう。

アミノ酸シャンプーは「グリシン・メチルアラニン・グルタミン酸・メチルタウリン・サルコシン」が配合されています。

アミノ酸は人間の体を構築しているタンパク質なので、髪や頭皮への刺激が少なく、洗浄力は弱いですが皮脂を取り過ぎることもないと言われる、髪と頭皮に優しいシャンプーと言えます。

「ノンシリコン」、「オーガニック」って一体どういうこと?

商品名の脇に「ノンシリコン」とか「オーガニック」と書かれているシャンプーをよく見かけますが、それって一体どういう定義なの? と思ったことはありませんか。ここでは表記上のルールについて説明します。

「ノンシリコン」=シリコンが入っていないということです。

ノンシリコンシャンプーのブームが来た時、「シリコンは頭皮に良くない」などの悪いイメージが先行したようですが、シリコンにはいくつも種類があって、ひとまとめに「シリコン=悪」として、すべてのシリコンが髪や頭皮へ悪影響があるとは言えません。

シリコンは髪に被膜を作ってコーティングする役割があるため、手触りが良くなるメリットもあります。

「オーガニック」とは有機栽培を意味するので「農薬を使っていない」とか「環境に良い」というイメージを持ちますよね。
ただ、覚えておいて欲しいのは、食品のオーガニック認定とシャンプーなどの化粧品の認定は異なるということです。
食品の場合は農林水産省による有機JAS認定というものがありますが、化粧品は厚生労働省の管轄のため有機JAS認定はつきません。
食品以外のオーガニック認証というのは基準があいまいなのが現状です。

また、「オーガニック」と書かれているからと言ってシャンプーに含まれている成分全てがオーガニックではないこともありますので注意が必要です。ここ数年では「ボタニカル」というキーワードも話題ですが、ボタニカルの定義はブランドごとに異なります。

髪タイプ&頭皮状態別、自分に合うシャンプーの上手な選び方

一口に「シャンプー」と言っても、様々な種類があることが分かりました。ここでは髪タイプ&頭皮状態別におすすめのシャンプーの選び方をご紹介します。

髪が硬くてゴワつきやすいタイプの人は、アミノ酸系シャンプーがおすすめ。高い洗浄力は期待できませんが、髪や頭皮に優しいので髪状態を落ち着かせてくれます。

また、シリコンシャンプーもおすすめ。前述しましたが、シリコンは髪の手触りを良くしてくれたり、髪のボリュームを落ち着かせてくれたりというメリットもあり、悪いことばかりではありません。

髪が柔らかくてペタっとしやすい人は、高級アルコール系もしくは石鹸系シャンプーがおすすめ。頭皮が脂っぽいことが、髪がペタっとする原因として考えられるため、頭皮の脂をしっかり洗浄するのが良いでしょう。

頭皮状態で判断するとすれば、頭皮が乾燥しやすい人はアミノ酸系、頭皮がベタつきやすい人は高級アルコール系、頭皮が敏感・アレルギー体質の方は石鹸系がお勧めです。

シャンプーの効果的な使い方

せっかく高品質のシャンプーを使っていても、使い方が悪ければだいなしです。シャンプーの効果を最大限に生かすための正しい使い方、洗い方について説明します。

まず気をつけたいのは髪に付着したホコリ汚れなどをシャワーで最初にしっかり落とすこと。
最初のシャワーはシャンプー剤の泡立ちを良くする意味もありますが、髪表面に付着しているホコリなどを洗い流す役目もあります(7〜8割は落ちます)ので、初めにしっかりシャワーをすることが重要です。

シャワーで髪を湿らせたらシャンプーを塗布しますが、この時に手のひらに取ったシャンプーは手の中でしっかり泡立てておくこと。
髪の上で泡立てようとすると髪に余計な刺激を与えることになってしまいますので、泡立てた泡でシャンプーする。このひと手間がとても重要です。

シャンプーは「泡立てたままそのまま1分間ヘアパックしましょう」など、ブランドによって特殊な使い方をするものもありますので、使用前にきちんと説明を読んでブランドがおすすめする方法通りに使うようにしましょう。

<まとめ>
美髪のためには自分の髪タイプに合ったシャンプー選びと正しい使い方をマスターすることが大切です。今回の記事を参考に、今後はシャンプーの効果的な使い方をしてさらなる美髪を目指しましょう。
高橋果内子
美容家/コラムニスト
OL生活を経て30歳で美容業界に転身。過去のモデル経験、多数の美容資格取得の経験から幅広いジャンルの美容情報に精通。 現在は、美容コーディネーターとして活動しウェブメディアにて多数連載を持つ。
一般社団法人 地域復興美と笑顔を繋ぐ会の代表も務め、美容家仲間たちと美にまつわる活動を通じてボランティア活動も行っている。
writer2

COMMENT

コメントをもっと見る

ニックネーム
コメント

コメントを受け付けました。