【白髪染め徹底解説】白髪染めの種類と違い、選び方のポイントまとめ マスターして艶髪エイジングケアをしよう!

白髪で悩んでいる方はたくさんいると思います。人は髪の毛だけで、実際の歳より老けて見られたり、若く見られたりするものです。 この記事では、知っているようで知らない白髪染めの種類やカラー、染め方、セルフケアの方法を解説します! この方法を覚えていただき、一緒に艶髪を目指していきましょう。

白髪染めの種類ってどんなのがあるの? 徹底解説

1 ヘアカラー(酸化染毛剤)
ヘアカラーは髪の内部で発色し、白髪を染めるだけではなく黒髪も明るくできます。色のバリエーションも豊富です。
ヘアカラーのメリットは、白髪も染まり、他の種類と比べても長持ちし、かつカラーバリエーションが豊富なことです。クリームタイプや泡タイプなど用途にあわせて種類を変えられるのも魅力です。
ヘアカラーのデメリットは、髪に多少のダメージがあることです。

またヘアカラーを使用される際は、
・使用上の注意をよく読んで正しく使うこと
・ヘアカラーでかぶれたことがある方は絶対に使用しないこと
・ご使用前には毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)すること
以上を必ず守るようにしてください。

2 ヘアマニュキュア
ヘアマニュキュアは髪をコーティングするように色を付けていきますが、黒髪の明度を上げることはできません。

ヘアマニュキュアのメリットは、髪への負担が少なく色を入れることができることです。

ヘアマニュキュアのデメリットは、髪の毛全体を明るくできないこと。また、肌につくと肌が染まってしまうため、根元から染めづらいことです。

3 ヘアカラートリートメント、ヘアカラーシャンプー
このふたつは、時間をかけて徐々に染めていくタイプです。1回で効果が出にくいので速効性には欠けますが、日々のシャンプーなど、生活の中で染まっていくのでお手軽です。

メリットは、手軽に髪に色を入れることができることです。
デメリットとしては、色の種類が少なく1回で効果がでにくいことが挙げられます。

4 一時染毛料(ヘアマスカラ、ヘアファンデーション、ヘアカラースプレーなど)
これらは、出かける前など短時間で髪を染めることができますが、シャンプーすると落ちてしまうタイプです。髪を一時的に染めることができます。

メリットとしては、何より手軽に染められることです。スプレータイプ、粉タイプ、リキッドタイプなど種類が豊富なことです。

デメリットとしては、水に弱く、洗ったらとれてしまうことです。

自分に合った白髪染めを知りたい! 見分けるポイントはココ!

今まで見てきたように、ヘアカラー、ヘアマニュキュアなど、一口に白髪染めといってもたくさん種類がありましたね。
ここでは、自分自身の体のことや髪のことを知って、自分に合った失敗しない白髪染めを選んでいく方法を伝授します。

ポイント1 体質(アレルギーの有無)
使用説明書を読み、パッチテストを行うよう指示がある場合にはパッチテストを行って、製品へのアレルギーがないかを知りましょう。

ポイント2 髪質
髪が細い、柔らかい方は明るくなりやすいのでやや暗めの色を選びましょう。
逆に、髪が太い、固い方は色が明るくなりにくいので、希望よりやや明るめの色を選んでください。

ポイント3 白髪の割合
白髪の割合が多いと希望の色より明るくなりやすいので、少し暗めの色を選びましょう。

ポイント4 仕上がりの髪色
市販されている白髪染めの色味には明るさの段階が少ないので、上記のポイントを踏まえて放置時間を調整してください。

【ヘアカラー(酸化染毛剤)で失敗しない白髪染めのやり方。成功への7つのポイント】

セルフカラーをする場合には、使用上の注意を守った上でちょっとの工夫をプラスし、失敗なく、良い仕上がりになるポイントを説明します。
ヘアカラーの仕上がりに重要なのは、塗布量・時間・温度です。
これらをコントロールすることが成功への近道になりますので覚えておいてくださいね。

その1 髪と肌のコンディションを整える
ヘアカラーの場合、シャンプーは前日に済ましておくことが大切です。直前にしますとシャンプーで頭皮に傷をつけてしまう可能性があります。傷ついた頭皮にカラー剤を塗ることはおすすめできません。

肌が染まらないようにするには、顔まわりのところにワセリンやリップクリームなどを塗ってあげるのがおススメです。ただし、髪には付かないように気をつけてください。

その2 乾いた髪の状態で塗る
ヘアカラーは髪が濡れている状態ではなく、乾いた状態で行います。濡れていると色ムラができやすくなってしまいます。
※商品によって異なる場合もあるので注意書きは必ず読むようにしましょう。

その3 早く綺麗に染めるにはブロッキングが大切
ブロッキングとは髪を小分けにすることです。ブロッキングすることで色ムラの原因となる塗り残しが減り、綺麗に染めやすくなります。

【ブロッキングのやり方】
・まずは髪をセンター分けにして頭頂部まで左右に分けます。
・頭頂部と耳を結ぶ線で前後に分けます。
・頭頂部から襟足の真ん中を結ぶ線で左右に分けます。
・耳と後頭部、反対の耳まで結ぶ線で上下に分けます。
・ブロッキングをしておくと、塗る時間が短縮し、最初塗ったところと最後に塗ったところの時間の差が出にくくなりますので、均一に染まりやすくなります。

その4 髪質に合わせた塗布量
ヘアカラーの場合、白髪をしっかりと染めるためにカラー剤はたっぷり使いましょう。髪が硬い方や油分が多い毛質(撥水毛)の方は染まりにくいので、塗布した後、放置時間を少し長めに取ってください。

その5 白髪の目立つところから塗る
顔まわり、生え際、分け目など気になる所から塗っていきましょう。

その6 意外と気にかけてないですが室温も大切
ヘアカラーを塗る時は換気のいい部屋で塗るのが大切ですが、実は室温も大切です。
温度が低くなると反応が鈍ることがありますので、暖かい室内で作業することをおすすめします。

その7 流す時のひと工夫
カラー剤をいきなり流してしまうのではなく、少し水分を含ませ地肌をマッサージするように揉み込むと、水分を含んだカラー剤がムラを軽減してくれ、頭皮についたカラー剤も落としてくれます。

毛髪診断から分かる失敗しない市販の白髪染めの選び方

ドラックストアなどに行ってもたくさんの種類がある白髪染め。何を買ったら良いかわからないし自分自身の髪に合っているかもわからない。そんな時に自分の髪質を理解していれば選ぶ上で判断基準ができるかもしれません。 以下の基準を参考にしてみてください。

・髪が細い → 少し暗めのもの
・髪が太い → 少し明るめのもの

【まとめ】
白髪染めにはいろいろな種類があり、また、理想とする髪の色も人それぞれです。
自分の髪のことが少しわかるだけでも、ヘアカラーに対して今までとは違った捉え方になったのではないでしょうか。
髪は常に同じコンディションなわけではありません。その時その時の髪に合ったものをチョイスして、健康で艶がある髪を保ってください。

COMMENT

コメントをもっと見る

ニックネーム
コメント

コメントを受け付けました。