黒髪用ヘアカラーと白髪染めの違いを知りたい

「黒髪用ヘアカラーと白髪染めの違いは何?」という問いは、多くの人がお持ちの疑問だと思います。多くの人が、この2つの違いをわかっているようでわかっていないのではないでしょうか。では、黒髪用ヘアカラーと白髪染めの違いについて、いろいろな角度から見ていきましょう。

使用上の注意をよく読んで、正しくお使いください。 ヘアカラーでかぶれたことのある方は絶対に使用しないでください。 ご使用前には毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしてください。

いろいろな呼び方があるヘアカラー

1 白髪染め、グレイカラー、ヘアダイ
日本では、白髪染めのことを「グレイカラー」と表現することがあります。その理由として、海外で白髪のことをグレイヘアと表現することから来ていると言われています。

次に「ヘアダイ」です。ヘアダイと表現するようになったのは、英語のダイ(dye)から来ていると言われています。この言葉は、元々服などを染める染料や、色落ちしにくいという意味があります。

美容院でのヘアダイは白髪染めのイメージが強いですが、英語での会話やサロンによっては違う意味(染髪全般のこと=ヘアカラー)で使われていることもありますので注意が必要です。

2 オシャレ染め、ファッションカラー、ヘアカラー
オシャレ染めやファッションカラーはオシャレ感覚、ファッション感覚で髪の色を変えるときに使われるものです。これらは色の幅が広く、明るさも豊富にありますが、明るい色ほど脱色の作用が強くなり、色素の含有量は少ない設計になっています。

最近の傾向としては、明るくても色をしっかり入れたいというニーズが増えてきていますのでダブルカラー(明るくしてから色味を入れるため2回カラーをすること)も定番化してきています。

いろいろな呼び方があるヘアカラー

1 ヘアカラー(オシャレ染め)も白髪染めも髪の中での働きは変わらない!?
一般的にオシャレ染めは黒髪を明るく、白髪染めは髪を暗くします。
しかし、基本的に白髪染めもオシャレ染めも髪の中で起こっている反応は同じです。
髪の内部ではアルカリの力でキューティクル(髪の表面を覆っているウロコ状のもの)を開き、隙間から酸化染料と過酸化水素が髪の内部へ浸透します。
そして、過酸化水素がメラニンを脱色し、同時に酸化染料を酸化して染毛します。
この2つは、脱色作用が強いのか、染色作用が強いかが大きな違いです。

2 ヘアカラー(オシャレ染め)と白髪染めの違いはここにあった
上記の通り、ヘアカラー(オシャレ染め)と白髪染めの違いは「脱色作用」と「染色作用」のどちらが強いかということです。

オシャレ染めの場合、髪の毛内部のメラニン色素(黒い色素)が染料よりも強く残っていると発色が綺麗に出ないため、脱色作用を強くすることで、髪内部のメラニン色素を分解していきます。髪が明るくなることで、少ない染料で発色よく染めることができます。

たとえば、黒の画用紙の上に青の絵の具をのせても目立ちませんが、白の画用紙の上に青の絵の具をのせると目立ちやすくなる、ということを想像してもらうとよいでしょう。

一方、白髪染めの場合、白髪はメラニン色素が少ない状態ですが、髪はキューティクルに覆われていますので、染料を髪に浸透させるために、アルカリによってキューティクルを膨潤させる必要があります。

髪の内部では、脱色と染色の相反する反応が起きているのです。白髪染めは染料が濃いため、比較的髪全体を明るく染めるのが難しいのですが、近年はメーカーの努力により、白髪染めでもある程度明るく染まるようになりました。

白髪染めと黒髪用ヘアカラーの比較

1 白髪染めのメリット
一般的にオシャレ染めは黒髪を明るく、白髪染めは髪を暗くします。
しかし、基本的に白髪染めもオシャレ染めも髪の中で起こっている反応は同じです。
髪の内部ではアルカリの力でキューティクル(髪の表面を覆っているウロコ状のもの)を開き、隙間から酸化染料と過酸化水素が髪の内部へ浸透します。
そして、過酸化水素がメラニンを脱色し、同時に酸化染料を酸化して染毛します。
この2つは、脱色作用が強いのか、染色作用が強いかが大きな違いです。

2 黒髪用ヘアカラーのメリット
白髪染めに対して、オシャレ染めは脱色作用が強いので、豊富な色彩の明るい髪色を楽しめることが魅力です。
白髪の量が少ない場合、またはまばらにある場合であれば、髪全体を明るくすることで少量の白髪なら目立たなくすることができます。

白髪のある人はオシャレ染めできないの!?

1 白髪があると明るくできない?
顔まわりや生え際、分け目など見えやすいところに白髪があると気になってしまいますので、しっかり白髪染めをしたくなる方も多いと思います。

白髪は、染めても1ヶ月も経たないうちに根本に白髪が生えてきて、染めたところと生えてきたところの差がはっきりとわかってしまうようになるため、頻繁に染めないと隠せなくなってしまいます。

そのため、白髪をただ単に隠すのではなく、髪全体を明るくして馴染ませ、目立たなくするのも1つの手です。

黒に白があるとコンストラストがはっきりつくため目立ってしまいますが、ライトブラウンに白があってもコンストラストが弱くなっているので、目立ちにくくなります。

最近はある程度明るい色味を出すことができる染まる白髪染めもあるので、活用してみてはいかがでしょうか。

ただし暗い白髪染めを前回使用している方は、明るくなりにくい可能性もあるので注意してください。

2 白髪を生かしたデザイン
白髪が頭の一部分に多い場合や、全体にまばらにある場合は、その箇所だけにメッシュを入れたり、全体にハイライト(明るい色)を入れたりして色をなじませてしまうという手もあります。
その逆に、ローライト(暗い色)を使用してみてもいいでしょう。
ローライトの場合、顔まわりに入れてあげると色のコントラストにより顔が引き締まった印象に見えるのでオススメです。

デザイン的な要素も出てくるため、セルフで染められる場合には、通っている美容師さんにアドバイスを求めてみてもいいかもしれません。

2 白髪を生かしたデザイン
白髪が頭の一部分に多い場合や、全体にまばらにある場合は、その箇所だけにメッシュを入れたり、全体にハイライト(明るい色)を入れたりして色をなじませてしまうという手もあります。
その逆に、ローライト(暗い色)を使用してみてもいいでしょう。
ローライトの場合、顔まわりに入れてあげると色のコントラストにより顔が引き締まった印象に見えるのでオススメです。

デザイン的な要素も出てくるため、セルフで染められる場合には、通っている美容師さんにアドバイスを求めてみてもいいかもしれません。

3 アッシュで白髪が目立たない??
ブラウンの色素が多い白髪染めは、退色してくると赤っぽくなりやすいです。

染まりが薄かったり、長い年月での退色で白髪のところが赤茶になりキラキラして馴染みにくくなり目立ってくることがあったりします。

白髪を少しでも目立たせたくない場合にオススメの色味は、アッシュやマットなどの寒色系の色です。

寒色系の色味は赤味を抑えてくれる効果がありますので、退色してきてもあまり浮いた感じになりにくいのです。

<まとめ>

白髪染めとオシャレ染めの違いについて解説しました。
歳を重ねていくと白髪が気になり始めると同時に、髪のハリやコシも気になり始めます。
ヘアカラーは髪への負担がかかるので、歳を重ねるほど髪のケアをしっかりするようにしてください。

髪のコンディションが良いとヘアカラーでも失敗しにくくなりますので、まずは健康な髪を維持することを忘れないでください。

contents_writer_1

公文啓敬
ディレクター
青山、表参道エリアの有名店を経て現在PATIONNのディレクターとして勤務。
サロンワークを中心に撮影、映画のヘアメイク、講師、執筆、雑誌など幅広く活動。
その経験を生かし幅広い知識と理論に基づいた似合わせカットは定評を得ている。
近年はシンガポールなど定期的に訪れ活動の幅を海外へと広げている。

COMMENT

コメントをもっと見る

ニックネーム
コメント

コメントを受け付けました。